記事一覧

プロフィール

ファイル 1-1.jpg

 浜松市民吹奏楽団は昭和50年7月創立されたアマチュア吹奏楽団です。

 年1回の定期演奏会を催すかたわら、プロムナードコンサート、老人福祉施設での演奏等多数参加しており、12月には大好評のイベント「ビアフェスト」を開催しています。
 また、1995年秋には浜松市との共催で「三遠南信交流音楽祭」を開催し、愛知県豊橋・長野県飯田両市の吹奏楽団をアクトシティに招待して交流を深めました。

 当団の特徴は独自の国際交流であり、1989年・95年・2002年・2010年の4度にわたり欧州演奏旅行を行っています。
 当旅行では、南独シュツットガルト近郊のマルクグリョーニンゲン市で開催される国際音楽祭のステージに立つとともに、 南ドイツ放送により当団の演奏がラジオ放送され好評を博しました。また、マルクグリョーニンゲン市民吹奏楽団(Stadtkapelle Markgroeningen)とは姉妹バンド提携を結んでおり、同吹奏楽団も1991年に浜松を訪れました。

 2002年8月の演奏旅行では、新たにオーストリアのザルツブルグ鉄道音楽隊とも交流を行い、 2004年8月には、当鉄道音楽隊が来日し、アクトシティ浜松での交流コンサート等を開催し、交流・友好を深めることができました。
 また、2010年8月には、オーストリアに再度訪問し、交流を深めました。



ファイル 1-2.gif浜松市民吹奏楽団公式Facebookページはこちら
 →浜松市民吹奏楽団 Stadtkapelle-Hamamatsu

団員数・楽器編成

(2017.4更新)

団員数:77名(平成29年4月1日現在)

楽器編成(休団者を除く)

フルート …11名
オーボエ …2名
クラリネット …13名
バスクラリネット …1名
ファゴット …0名
アルトサックス …9名
テナーサックス …1名
バリトンサックス …1名
ホルン …8名
トランペット …8名
トロンボーン …7名
ユーフォニウム …6名
チューバ …4名
コントラバス …1名
パーカッション …5名

  計 77名
 
 

概要

(2013.11更新)

【創立】 昭和50年7月
【団長】 加藤 泰司
【名誉指揮者】 塚本 好司
【音楽監督】 塚本 修也
【練習場所】
 《合奏練習》 あいホール 1Fホール
 《個人練習》 あいホール

 あいホール
  所在地 静岡県浜松市中区幸3-3-1
  電話 053-412-0350

【練習日】
 《合奏練習》 毎週月曜日 18:00~21:30(19:30合奏開始)
 《個人練習》 毎週木曜日 19:00~21:30(自由参加)
【入団資格】 18歳以上
【入団金】 5,000円、制服貸与代 10,000円
【団費】 毎月2,000円
 
 

名誉指揮者

ファイル 5-1.jpg

塚本 好司(Yoshiji Tsukamoto)

昭和40年大阪音大卒。卒業と同時に大阪フィルハーモニー管弦楽団に入団、その後日本楽器の吹奏楽講師を務める。

浜松市民吹奏楽団創立と同時に常任指揮者に就任し、30回に及ぶ定期演奏会を指揮してきた。

また中学校、高等学校の吹奏楽部を積極的に指導するなど地元のアマチュアの音楽普及に力を注いでいる。

トロンボーンを土橋康宏、宇宿允人氏に師事。

現在、(株)バルドン楽器代表取締役。

平成19年7月15日 名誉指揮者に就任。
 
 

音楽監督

ファイル 21-1.jpg

塚本 修也(Shuya Tsukamoto)

信愛学園(現・浜松学芸)高等学校音楽科卒業。
東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。
Royal Academy of Music,London(英国王立音楽院)演奏家養成課程修了。

1990年 東京文化会館主催新進音楽家デビューコンサート出演
1992年 日本トロンボーン協会主催トロンボーンコンペティション・アンサンブル部門学生の部第1位
1997年 大阪トロンボーン協会主催トロンボーンコンペティション・アンサンブル部門最高位

現在、シエナ・ウインド・オーケストラ団員及び理事、桐朋学園芸術短期大学講師、浜松トロンボーン協会会長

また全国のオーケストラへの客演、音楽祭、室内楽、ソロ、スタジオでも活躍。
特に吹奏楽を中心に全国へ後進の指導もしている。

主な活動内容

1975年 
  設立。活動開始
1978年
  第1回定期演奏会
1989年
  第1回ドイツ演奏旅行(第23回マルクグリョーニンゲン国際音楽祭に参加)
  浜松市都市緑化祭演奏
1990年
  浜松市より浜松市教育文化奨励賞受賞
1991年
  マルクグリョーニンゲン市民吹奏楽団来日
  ビアフェストコンサート
1994年
  アクトシティ浜松オープニングイベント出演
1995年
  第2回ドイツ演奏旅行
1996年
  三遠南信交流音楽祭開催
1997年
  第20回定期演奏会
2001年
  緑の風コンサート出演(静岡県主催)
2002年
  第3回ヨーロッパ演奏旅行(オーストリア~ドイツ)
2003年
  バイクのふるさと浜松2003での演奏
2004年
  ザルツブルグ鉄道音楽隊来日(国際交流コンサート)
  浜名湖花博 フローラコンサート
  浜名湖花博閉会式
2005年
  マーチ24時間ぶっとおしコンサート
2007年
  第9回瀬戸口藤吉翁記念行進曲コンクール出場
  第30回定期演奏会
2010年
  第4回ヨーロッパ演奏旅行(オーストリア~ドイツ)

その他、市内の小学校での演奏会、イベントへの参加等精力的に活動している。
 
 

団員募集案内

(2015.7更新)

浜松市民吹奏楽団では、一緒に吹奏楽を楽しむメンバーを募集しています。
練習の見学や参加もできますので、気軽にお越しください。


【募集期間】
 随時募集しています。

【年齢】
 18歳以上でしたらどなたでも入団できます。

【募集パート】
 全パート募集しています。

 ※パートの人数が非常に多くなってしまった場合は、やむを得ず入団をお断りさせていただく場合がありますので、お問い合わせください。

【入団金等】
 入団金 5,000円 制服貸与代10,000円

【団費】
 月2,000円

【練習日】
 <合奏練習> 毎週月曜日 18:00~21:30 (19:30合奏開始)
 <個人練習> 毎週木曜日 19:00~21:30 (参加は自由です。)

【練習場所】
 <合奏練習> あいホール 1Fホール
 <個人練習> あいホール 

※個人練習の練習部屋については、 練習日程を御確認ください。

【お問い合わせ】
 電話の場合 090-3856-4828(事務局)
 メールの場合 info@hamashisui.com
 

存在の大意

一、我々は市民の自主的な情熱の結集により良い音楽を身近なものにする。

二、我々は、音楽によりお互いの情操と教養を昂め、明るい市民生活を築く。

三、我々は、より多くの市民達と交流を深め、音楽を愛する人を増し、平和な都市を作る。

四、我々は、音楽を通じて力を合せ、音楽性の追求を図ると共に、他都市文化発展のため活動する。

(昭和50年、規約の「序章」として制定)
 
 
 

団章

ファイル 4-1.jpg

市民吹奏楽団の頭文字S.Hを組み合わせ図示、楽器を型取って吹奏楽団を象徴し、円形で団の円満発展を象徴したもの。

(昭和52年制定)

姉妹バンド

ファイル 9-1.jpg

1991年4月、マルクグリョーニンゲン市民吹奏楽団と姉妹バンド提携
(訳文)

日本国浜松市民吹奏楽団およびドイツ国マルクグリョーニンゲン音楽共同体は、数年来友好的な交流を続けている。

両団体はともに互いの国へ橋をかけるため、音楽、とりわけ両国の音楽を大切にしている。

1989年のマルクグリョーニンゲンにおける最初の出会いから、非常に多くの個人的な友情が生まれている。

この交流を深めるため、両団体は、団体・都市・国家の相互の共感を促進する目標を持ってこの姉妹提携を締結する。

   1991年4月
 
ファイル 9-2.jpg

1991年4月、当団とドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州マルクグリョーニンゲン市民吹奏楽団は、姉妹バンドとなりました。

マルクグリョーニンゲン市は、シュツットガルトの北西約20kmに位置する人口約14,000人の小都市で、同市民吹奏楽団は77年という長い歴史を持っています。

同市は、市庁舎前の広場(マルクトプラッツ)を中心に、城壁で囲まれており、石だたみの閑静なたたずまいとなっています。

写真の建物は、マルクグリョーニンゲン市庁舎です。

ファイル 9-3.jpg

ページ移動