記事一覧

棒振り日記♪②

2014.07.09

ファイル 73-1.jpg

市吹ファンの皆様、こんにちは!
塚本です。

今回の定期演奏会の目玉の一つに、
ゴスペルグループとのコラボがあります。


参加団体は、


積極的な活動を繰り広げる「浜松ダイアログクワイヤー」


静岡大学浜松キャンパスのアカペラサークル「Aal-Lied」


静岡文化芸術大学ゴスペルサークル「ごす」


この三団体が一つになり、市吹と共演します。

しかし何故、ゴスペルと共演?!

それは今から数年前に佐渡&シエナの全国ツアー時の話です。
この年は「合唱と吹奏楽」をテーマに各都市を回りました。
(シエナの選曲には私も委員として携わっています。)

合唱団は現地の一般団体や全国レベルの学校でしたが、
とある都市で、スケジュールの都合なのか手配ミス?なのか、
イメージと少し違うゴスペルの団体との共演になりました。


しかもツアー共通プログラムは、
合唱の定番曲「大地讃頌」と、
いまや国民的合唱曲「翼をください」です。

リハーサル時にそのゴスペル団体は
どう表現して歌ったらよいか戸惑っていたら、
佐渡さんが「もう自由に歌って!」と言った瞬間に、
一人一人が自由に伸び伸びと歌い出したのです!


まるで生きる喜びを全身を使って表現しているようで、
コンサートは異様な盛り上がりをみせ、
もちろん大成功になりました。


ポップな感じが吹奏楽とマッチするんだなと思い、
私が長年温めてきた企画がいよいよ今回、市吹で実現します!

市吹とゴスペルグループとの初合わせリハーサルでは、
最初はオケメンバーが圧倒されましたが、
最後はパワーとパワーのぶつかり合いとなりました。

今回の演奏会では、
きっと相当なエネルギーを客席で体感出来るものと思いますよ。


気付いたら、客席から立ち上がって一緒に歌ってしまっている自分がいるかもしれません!

そう、音楽は自然で自由なのです。

◆浜松市民吹奏楽団 第37回定期演奏会◆

2014年7月20日(日) 14時開演
アクトシティ浜松大ホール

♪「ウエスト・サイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス
♪フォスター、スーザ、ゴスペル ほか

指揮:塚本修也(音楽監督/シエナウインドオーケストラtrombone奏者)
演奏:浜松市民吹奏楽団

ゲスト:
土屋吉弘(シエナウインドオーケストラpercussion奏者)
浜松ダイアログクワイヤー
静岡大学浜松キャンパス アカペラサークル Aal-Lied(アルリード)
静岡文芸大 アカペラサークル ごす

【入場料】
S席(指定席)…1,500円(当日1,700円)
A席(指定席)…1,200円(当日1,400円)
由席(一般)…1,000円(当日1,200円)
自由席(高校生以下)…500円(当日700円)
※未就学のお子様は無料ですが、他のお客様の迷惑にならないようご配慮ください。

【チケットのお求め】
バルドン楽器 053-473-0256
(株)ヤマハミュージックリテイリング浜松 053-454-2770
WIND BACS 株式会社久米 053-433-2536
アクトシティチケットセンター/HCFオンラインショップ(http://www.hcf.or.jp/

【演奏会及びチケット予約に関するお問合せ】
090-3856-4828

レッスンを受けました♪その③

2014.07.05

パート強化月間だった5月~6月、


音楽監督である塚本修也先生(シエナウインドオーケストラ)の計らいで、
各パートがプロ奏者として活躍されている先生方のレッスンを受講してきました。


その大トリを飾ったのは、

ファイル 72-1.jpg

トランペットパートです♪

東京交響楽団や
シエナウインドオーケストラでご活躍されている、
トランペット奏者の佐藤友紀先生に御指導いただきました。

ファイル 72-2.jpg

ウォームアップの仕方等のような基礎練習から、
今年のメイン曲であるシンフォニックダンスでの奏法まで、

たっぷりと濃い内容でしたо(ж>▽<)y ☆


特に楽曲練習では、
その曲の特性に合わせた奏法を教えて頂き、


先生の丁寧なアドバイス一つ一つで、
音や雰囲気が変わっていくのがわかりました。


これぞ佐藤マジック!←使いすぎ(笑)

ファイル 72-3.jpg

本番での演奏後でお疲れにも関わらず、
私たち市吹のためにお時間を割いてくださった先生に感謝です。


佐藤先生、ありがとうございました!

ファイル 72-4.jpg


さあ、これでパートレッスンが終了。
各パートともレッスンで教えて頂いたことを活かし、
あとは本番までラストスパートです!

棒振り日記♪①

2014.07.01

ファイル 71-1.jpg

皆さん、こんにちは。
浜松市民吹奏楽団の音楽監督をしている、塚本修也です。

市民のためのアマチュアオーケストラ「市吹」ですが、
定期演奏会が近づいてきて練習にも熱が入ってきましたので、

その練習風景や私の個人的感想、
はたまた誰にも言えない舞台裏話など、

これから不定期に気ままに様子をお伝えしていきたいと思います。


毎年テーマを作り、
趣向を凝らしたコンサートで人気のある市吹ですが、
今年はずばり「アメリカ」。


ドイツの小さな町バンドと姉妹提携もして、
何度もドイツやヨーロッパへ演奏旅行もしている市吹ですが、
今年は真逆なスタイルのアメリカへ挑戦します。


しかも、


ちょー有名なミュージカル、
ちょー有名な作曲家、
ちょー難しい、
ちょー大曲の、


バーンスタイン作曲
ウエスト・サイド・ストーリーの
「シンフォニック・ダンス」をメインに演奏します。


恐らく浜松では初演?!少なくともアマチュア一般バンドでは初演でしょう。
この歴史的瞬間に、立ち会わない訳がありません!

本当に良い曲です。

他にも、たくさんの楽しいアメリカ音楽を演奏します。

歴史的瞬間の共有、
演奏者のいっぱいいっぱいの姿、
てんてこ舞いの指揮、


でも明るく楽しいアメリカ音楽を、是非楽しみにお越し下さい。

市吹のウエストサイド、もう二度と聴けないかも知れませんよ。
そして客席の皆さんも一緒に、「マンボ!!」と叫びましょう。

◆浜松市民吹奏楽団 第37回定期演奏会◆

2014年7月20日(日) 14時開演
アクトシティ浜松大ホール

♪「ウエスト・サイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス
♪フォスター、スーザ、ゴスペル ほか


指揮:
塚本修也(音楽監督/シエナウインドオーケストラtrombone奏者)

演奏:浜松市民吹奏楽団

ゲスト:
土屋吉弘(シエナウインドオーケストラpercussion奏者)
浜松ダイアログクワイヤー
静岡大学浜松キャンパス アカペラサークル Aal-Lied(アルリード)
静岡文芸大 アカペラサークル ごす


【入場料】
S席(指定席)…1,500円(当日1,700円)
A席(指定席)…1,200円(当日1,400円)
自由席(一般)…1,000円(当日1,200円)
自由席(高校生以下)…500円(当日700円)
※未就学のお子様は無料ですが、他のお客様の迷惑にならないようご配慮ください。


【チケットのお求め】
バルドン楽器 053-473-0256
(株)ヤマハミュージックリテイリング浜松 053-454-2770
WIND BACS 株式会社久米 053-433-2536
アクトシティチケットセンター/HCFオンラインショップ(http://www.hcf.or.jp

【演奏会及びチケット予約に関するお問合せ】
090-3856-4828

ケーブルテレビに出ます♪

2014.06.24

明日の浜松ケーブルテレビで
私たち浜松市民吹奏楽団が取り上げられます。

要チェックですよ!是非ご覧ください♪


地上デジタル12「チャンネル・ウィンディ」

◆情報戦隊Wind-E(10分番組)
<放送>6/25(水)10:00~


<当日再放送>6/25(水)12:00~/15:00~/18:00~/20:00~

<翌日再放送>6/26(木)7:00~
<総集編>土・日7:00~/12:00~/18:00~

<放送サービスエリア>
浜松市・湖西市・袋井市

素敵なスペシャルゲスト!

2014.06.15

今年の定期演奏会のテーマは「アメリカ」。
アメリカ音楽を語る上で外せないのは…そう、ゴスペルです♪


目玉企画はゴスペル隊とのコラボレーション。
初合同練習でした。

ファイル 69-1.jpg

浜松ダイアログクワイヤー

静岡大学アルリード

静岡文化芸術大学ごす


…の皆さんです!


ファイル 69-2.jpg


皆さんの楽しそうに歌う姿、
そしてパワフルな歌声に団員も圧倒と感動の嵐!


ファイル 69-3.jpg

この日、
「ダイアログクワイヤー」を結成された
ゴスペルシンガーのTAEKOさんも駆けつけて下さりました♪


披露曲の一つである「ひまわり」
東日本大震災での被災地の復興と
東北の皆さんの笑顔を祈って歌われた、

TAEKOさんにとっても、
ダイアログクワイヤーの皆さんにとっても、
思い入れの強い楽曲。


歌詞の一言一言に込めて歌う想いが伝わってきます。


ファイル 69-4.jpg


ゴスペルといえば、
奴隷としてアメリカ大陸に連れてこられたAfrican Americanの
自由や思想・希望の全てを剥奪された、
その悲しい歴史を切っては切り離せません。

しかし、そんな絶望の状況下で、
彼らが自分たちなりの方法で神に捧げた賛美の歌、
心に救いを与えた音楽こそがゴスペル…


「福音」なのです。

ファイル 69-5.jpg

演奏会当日は、
素敵な3団体の皆さんが奏でる“福音”が、


お越しくださる皆さんの心に
まさに幸福の音楽として響きますように。

ページ移動