記事一覧

棒振り日記18

2017.05.02

市吹ファンの皆さん、こんにちは!

棒振り日記が暫く発行していませんでしたが、久しぶりに復活です。

明けましておめでとうございます、進級、進学、就職おめでとうございます、と5月まで様々な出来事があった事でしょう。
改めて、今年の市吹もよろしくお願いいたします!

しかし季節はもう初夏に入っていきますね。
「しょーか、しょーか。」と言っている場合ではありませんよ。
今年の市吹の定期演奏会は、『6月25日(日)』です。

今年のテーマは、「イタリア」。
先ずはチラシをご覧下さい。

ファイル 119-2.jpg

素敵ですね~。
チラシの向こうに毎年お馴染みのデザイナーさん、図工社の山下さんの笑顔まで見えるではあ~りませんか。

コロッセオをバックにカラフルは色使いからイタリアを連想し、毎度まいどの架空の楽器は何となくサックス⁉
どうやって吹くの?どんな音がでるの?という哲学はさておき、なんでサックス?
おやおや、もしやこの形は?
何かを連想させられませんか?

そして今年の目玉は、
ゲストコンサートマスターに、浜松が生んだスーパープレイヤー、イタリア人の様に陽気な「福井健太」さまをお招きします。
もちろん全プログラムを演奏しますし、ソロも何曲かありますよ。
市吹×福井健太、さてどんなサウンド、音楽になるのでしょうか?
私にもわかりません。

さらにさらに、国内で市吹と友好関係のバンドである、「川崎吹奏楽団」さまと岐阜県の「郡上市民吹奏楽団」さまの有志メンバーによる共演ステージがあります。
約80人の市吹が、さらにビックになり友情熱演が期待されます。
3団体の融合、さてどんなサウンド、音楽になるのでしょうか?
私にもわかりません。

さらにさらにさらに、メインプログラム「ローマの祭り」の曲中に使われるマンドリンには、関西を中心に大活躍中の「大西功造」さまをお招きし、他に一曲ソロも演奏して頂く予定です。
どのご家庭にも、一家に一台は必ずマンドリンをお持ちですね。押入れに眠っていませんか?是非ともプロの本物の音でイタリア音楽の何とも哀愁を帯びたサウンドをお楽しみ下さいね。

以上、チラシには記載出来なかったトピックを、この棒振り日記を読んだ方だけにお得な耳寄り情報をお届けしました。

さあ今年も早めにチケットを握りしめて、アクト大ホールに「全員集合!!」

塚本修也

ファイル 119-1.jpg