記事一覧

棒振り日記♪⑫

2015.06.28

ファイル 99-1.jpg

こんにちは!

いよいよ定期演奏会が本日となりました。

皆さん、もうチケットはギュッと握りしめていますね。

当日券も絶賛大好評で発売しますので、売り切れてしまう前に早めにゲットしておきましょう。

でも、慌てない慌てない、落ち着いて!

アクトの大ホールに入ったとたんに、そこは浜松アクト教会なる雰囲気に包まれています。

プログラム前半も、演奏以外にいろんな仕掛けがあるので、お楽しみに!

さて《コンサートを1000倍楽しむお話し》シリーズも、最終回となりました。

「バッハ!?なんだか今回の定期演奏会は堅苦しいぞ…。」
とお嘆きの皆さんに朗報です。

後半プログラムは、アクト教会に様々な神が降臨します。

マーチの神様といえば?
アニメの神様といえば?
映画音楽の神様といえば?
ロックの神様といえば?

おっと、うっかりネタをばらしてしまうところだった。

ここから先はアクト教会で楽しみましょう!
きっと皆さんの心が揺さぶられる事、間違いなし!

そんな楽しい『神々の響宴』ステージが終わると、なんとそこに現れるのは、じゃーん!酒の神様「ディオニソス」さんの登場です。
よよっ、真打ち、待ってました!

て、この神様をそんなに気安くお呼びしてはいけません。

でも、ちょー有名、ちょー名曲、ちょー大曲、ちょー難曲のこの曲に市吹が挑戦するのです。

フランスの作曲家、F.シュミット(1870-1958)がフランスの歴史ある吹奏楽団、ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団
注)舌を噛まないように
のために書かれた
『ディオニソスの祭り』です。

原曲はかなりの大編成を想定しており、各パートの人数が厳密に指定された精密なオーケストレーションがなされています。

市吹では人数と楽器の種類を可能な限り増やして、出来るだけ編成を大きくして挑戦します。

ギリシャ神話のディオニソスについては皆さん、各自で調べて下さいまし。

たったの10分ほどの曲ですが、私たちは約半年くらい時間をかけてたくさん練習してきました。

団員の中には最初は、難しすぎると反対意見もありましたが、最近では「まさか市吹がディオニソスを演奏する日が来るとは…。」と、創団40周年の集大成として、おおいに盛り上がっています。

指揮も大変なので、本番はちょっとディオニソスの力(お酒)を借りちゃおっかなと思いましまが、そんな誘惑には負けずに団員と一丸となって、真っ向勝負で行きたいと思います!


皆さん、今年の定期演奏会もお誘い合わせのうえ、是非お越し下さい。
終演後に神様からちょっとしたプレゼントがあるかもしれませんよ。

団員一同、アクト教会でお待ちしています!