記事一覧

棒振り日記♪②

2014.07.09

ファイル 73-1.jpg

市吹ファンの皆様、こんにちは!
塚本です。

今回の定期演奏会の目玉の一つに、
ゴスペルグループとのコラボがあります。


参加団体は、


積極的な活動を繰り広げる「浜松ダイアログクワイヤー」


静岡大学浜松キャンパスのアカペラサークル「Aal-Lied」


静岡文化芸術大学ゴスペルサークル「ごす」


この三団体が一つになり、市吹と共演します。

しかし何故、ゴスペルと共演?!

それは今から数年前に佐渡&シエナの全国ツアー時の話です。
この年は「合唱と吹奏楽」をテーマに各都市を回りました。
(シエナの選曲には私も委員として携わっています。)

合唱団は現地の一般団体や全国レベルの学校でしたが、
とある都市で、スケジュールの都合なのか手配ミス?なのか、
イメージと少し違うゴスペルの団体との共演になりました。


しかもツアー共通プログラムは、
合唱の定番曲「大地讃頌」と、
いまや国民的合唱曲「翼をください」です。

リハーサル時にそのゴスペル団体は
どう表現して歌ったらよいか戸惑っていたら、
佐渡さんが「もう自由に歌って!」と言った瞬間に、
一人一人が自由に伸び伸びと歌い出したのです!


まるで生きる喜びを全身を使って表現しているようで、
コンサートは異様な盛り上がりをみせ、
もちろん大成功になりました。


ポップな感じが吹奏楽とマッチするんだなと思い、
私が長年温めてきた企画がいよいよ今回、市吹で実現します!

市吹とゴスペルグループとの初合わせリハーサルでは、
最初はオケメンバーが圧倒されましたが、
最後はパワーとパワーのぶつかり合いとなりました。

今回の演奏会では、
きっと相当なエネルギーを客席で体感出来るものと思いますよ。


気付いたら、客席から立ち上がって一緒に歌ってしまっている自分がいるかもしれません!

そう、音楽は自然で自由なのです。

◆浜松市民吹奏楽団 第37回定期演奏会◆

2014年7月20日(日) 14時開演
アクトシティ浜松大ホール

♪「ウエスト・サイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス
♪フォスター、スーザ、ゴスペル ほか

指揮:塚本修也(音楽監督/シエナウインドオーケストラtrombone奏者)
演奏:浜松市民吹奏楽団

ゲスト:
土屋吉弘(シエナウインドオーケストラpercussion奏者)
浜松ダイアログクワイヤー
静岡大学浜松キャンパス アカペラサークル Aal-Lied(アルリード)
静岡文芸大 アカペラサークル ごす

【入場料】
S席(指定席)…1,500円(当日1,700円)
A席(指定席)…1,200円(当日1,400円)
由席(一般)…1,000円(当日1,200円)
自由席(高校生以下)…500円(当日700円)
※未就学のお子様は無料ですが、他のお客様の迷惑にならないようご配慮ください。

【チケットのお求め】
バルドン楽器 053-473-0256
(株)ヤマハミュージックリテイリング浜松 053-454-2770
WIND BACS 株式会社久米 053-433-2536
アクトシティチケットセンター/HCFオンラインショップ(http://www.hcf.or.jp/

【演奏会及びチケット予約に関するお問合せ】
090-3856-4828