記事一覧

2002.8.19(月) 第9日目 その2

BD 824便13:10頃シュツットガルト空港に到着しました。
みんなで荷物を降ろしている間に、ブリティッシュ・ミッドランド航空のカウンターへ行き、搭乗券の発券手続をしました。
最初男性職員が、応対してくれたんですが、「人数が多いので私の仕事の時間ではできない。13:30になったら他の職員に代わるので、それまで待ってください。」と言われました。
山本さんも言っていたんですが、典型的なドイツの仕事の考え方だそうです。決められた時間しか仕事をしないそうです。


13:30からスーツケース等のX線チェックを行いました。搭乗券の発券に時間がかかりましたが、無事全員にチケットが行き渡りました。

搭乗開始14:20 出国手続開始です。
山本さんとアルムートさんは、私たちの最後のメンバーが出国するまで見送ってくれました。
お二人は、私たち55人をいつも先導してくれました。
旅行の計画、電車の予約、演奏の計画など、私たちに楽しんでもらおうと、何回も連絡を取り合い、計画してくれました。
本当にありがとうございました。
山本さん、体の調子が悪いそうですが、お元気になることを心からお祈りいたします。


シュツットガルト市内さて、早帰り組から、シュツットガルトのチェックは非常に厳しいという話を聞いていたので、どんな様子かなと期待。
飛行機に乗るまでは、パスポート → 手荷物のX線 → 搭乗飛行機のゲートで再度X線 → パスポートチェックという厳重なチェック体制でした。
あやしそうなものは、すぐX線でひっかかります。


バスで飛行機のところまで移動し、搭乗開始です。
15:30 ロンドン空港に向けてシュツットガルト空港を飛び立ちました。
眼下に見えるシュツットガルト市内。
約1時間20分でロンドン空港に到着。
私たちは、乗換え(トランジット)ですが、ここでも手荷物のX線チェックに列しました。
ロンドンは、ドイツとの時差が1時間あるため、みんなで時計あわせ。集合場所を確認し、約2時間自由時間となりました。
空港内で、ユーロ紙幣が使えるという話を聞き、お土産を買いました。
すると、大量のポンド硬貨でおつりがきてしまいました。
またこの硬貨を使わなくては・・・
みんな苦労してました。
19:40頃 ANA(NH202)で帰国。

** 8月20日(火) *****

帰りは、すぐに夕ご飯がでました。
NH202便は、すべての席にテレビがついていて、各自で好きな映画やニュース、音楽がきけます。ゲームもできるようでしたが、残念ながらまだ使えませんでした。
帰りは、ほとんど就寝タイムでした。
15:00 成田空港着。
ラビット急行のバスが2台待機していてくれて、バスに荷物を積み込み、16:35 浜松に向けて出発です。

浜松に無事到着18:50 港北PAで休憩
20:45 日本平SAで食事休憩
22:10 浜松IC 懐かしい浜松に戻ってきました。
22:30過ぎ、アクトシティ南側に到着。
居残り組みのメンバー数人が、出迎えてくれました。
「お帰りなさい」
「ただいま!」


バスから荷物を降ろし、高橋団長の挨拶で解散です。
「お疲れさまでした~!」
沢山の荷物と思い出を持って、自宅に戻りました。
さて、今回の演奏旅行は、オーストリアとドイツの2ヶ国で交流を行ってきました。
両国とも数年後には来日したいというお話がありました。また、すばらしい交流があるといいです。

(旅行記作成 西崎)

1995.8.14(月) 第1日目

成田空港へ到着今日は、待ちに待ったドイツ演奏旅行へ向かう日です。
この日のために、非常に多くの曲や、バザーを開催するための準備を行ってきました。
0時、アクトシティ浜松南側へ集合。
今回の参加者は団員の家族を含め、90名以上の参加がありました。

ファイル 10-2.jpgこのためバス3台に分けて乗車しました。
0時30分出発、途中浜松インター組を乗せて、一行は成田空港へ向かいました。
7時30分、成田空港第1ターミナルに到着。
各自のスーツケース、ダンボールにつめた楽器、バザー用品を詰めたダンボール箱、大量の荷物です。
チェックインをすませ、5階特別待合室で休憩しました。

ファイル 10-3.jpg今回乗る飛行機は、ルフトハンザ・ドイツ航空711便です。
約12時間の空の旅のはじまりです。
スチュワーデスさんは当然ドイツ人だったでちょっと緊張しました。(日本人の方もおりますが・・・)
初めてドイツに行く団員は期待に胸を膨らませ、今回が2回目の団員は、前回交流したマルクグリョーニンゲンの人たちとの再会を楽しみにしていました。

ファイル 10-4.jpg時差は7時間。
現地時間15時30分にフランクフルトに到着しました。
飛行機を乗り換え、ルフトハンザ・ドイツ航空162便にてミュンヘンに向かいます。
17時、飛行機は、フランクフルトへ飛び立ちました。
空から眺めると、ドイツは森が多いです。
アウトバーンを中心として、街は点在しているようでした。

ファイル 10-5.jpg18時、ミュンヘン第2空港に到着すると、山本さん(故山本正章氏)とマルクグリョーニンゲン市民吹奏楽団代表団が迎えに来てくれていました。よろしくお願いします。
バザー用品等の荷物をトラックに積み込みました。このままマルクグリョーニンゲン市へ運んだくださるとのことです。
19時30分、一向はバスでミュンヘン市内のヨーロッパ・ホテルへ向かいました。

ファイル 10-6.jpgホテルに到着後、ホテル内のレストランにて歓迎の挨拶がありました。
明日からしばらく観光旅行です。

1995.8.15(火) 第2日目 その1

本日はミュンヘン市内観光です。
ミュンヘンは人口130万人の第3の都市です。
7時 ホテルにて朝食をとった後、9時 バスで世界最大級のドイツ博物館へ向かいました。

ファイル 11-2.jpgファイル 11-1.jpg

ドイツ博物館に到着しました。
60,000平方メートル以上の展示スペースに、自然科学及び技術の分野から20,000個以上の展示がされています。
入場料は10マルクでした。

ファイル 11-4.jpgファイル 11-3.jpg

ファイル 11-5.jpgライト兄弟の飛行機をはじめ、戦闘機も多数展示されていました。
約2時間半見学しましたが、さすがに半日ではすべて見ることはできませんでした。

ファイル 11-6.jpgお昼はアウグスティナー・ケラーというビール工場隣接の典型的な純ミュンヘン風のビア・ガーデンへ行きました。
13時到着。ビアガーデンということで屋外で食べます。
テーブルにつくと、各テーブルにパンが置いてありました。
めがねパンは硬めですが香ばしくておいしかったです。

ファイル 11-8.jpgファイル 11-7.jpg

ページ移動