記事一覧

1995.8.14(月) 第1日目

成田空港へ到着今日は、待ちに待ったドイツ演奏旅行へ向かう日です。
この日のために、非常に多くの曲や、バザーを開催するための準備を行ってきました。
0時、アクトシティ浜松南側へ集合。
今回の参加者は団員の家族を含め、90名以上の参加がありました。

ファイル 10-2.jpgこのためバス3台に分けて乗車しました。
0時30分出発、途中浜松インター組を乗せて、一行は成田空港へ向かいました。
7時30分、成田空港第1ターミナルに到着。
各自のスーツケース、ダンボールにつめた楽器、バザー用品を詰めたダンボール箱、大量の荷物です。
チェックインをすませ、5階特別待合室で休憩しました。

ファイル 10-3.jpg今回乗る飛行機は、ルフトハンザ・ドイツ航空711便です。
約12時間の空の旅のはじまりです。
スチュワーデスさんは当然ドイツ人だったでちょっと緊張しました。(日本人の方もおりますが・・・)
初めてドイツに行く団員は期待に胸を膨らませ、今回が2回目の団員は、前回交流したマルクグリョーニンゲンの人たちとの再会を楽しみにしていました。

ファイル 10-4.jpg時差は7時間。
現地時間15時30分にフランクフルトに到着しました。
飛行機を乗り換え、ルフトハンザ・ドイツ航空162便にてミュンヘンに向かいます。
17時、飛行機は、フランクフルトへ飛び立ちました。
空から眺めると、ドイツは森が多いです。
アウトバーンを中心として、街は点在しているようでした。

ファイル 10-5.jpg18時、ミュンヘン第2空港に到着すると、山本さん(故山本正章氏)とマルクグリョーニンゲン市民吹奏楽団代表団が迎えに来てくれていました。よろしくお願いします。
バザー用品等の荷物をトラックに積み込みました。このままマルクグリョーニンゲン市へ運んだくださるとのことです。
19時30分、一向はバスでミュンヘン市内のヨーロッパ・ホテルへ向かいました。

ファイル 10-6.jpgホテルに到着後、ホテル内のレストランにて歓迎の挨拶がありました。
明日からしばらく観光旅行です。

1995.8.15(火) 第2日目 その1

本日はミュンヘン市内観光です。
ミュンヘンは人口130万人の第3の都市です。
7時 ホテルにて朝食をとった後、9時 バスで世界最大級のドイツ博物館へ向かいました。

ファイル 11-2.jpgファイル 11-1.jpg

ドイツ博物館に到着しました。
60,000平方メートル以上の展示スペースに、自然科学及び技術の分野から20,000個以上の展示がされています。
入場料は10マルクでした。

ファイル 11-4.jpgファイル 11-3.jpg

ファイル 11-5.jpgライト兄弟の飛行機をはじめ、戦闘機も多数展示されていました。
約2時間半見学しましたが、さすがに半日ではすべて見ることはできませんでした。

ファイル 11-6.jpgお昼はアウグスティナー・ケラーというビール工場隣接の典型的な純ミュンヘン風のビア・ガーデンへ行きました。
13時到着。ビアガーデンということで屋外で食べます。
テーブルにつくと、各テーブルにパンが置いてありました。
めがねパンは硬めですが香ばしくておいしかったです。

ファイル 11-8.jpgファイル 11-7.jpg

1995.8.15(火) 第2日目 その2

しばらくしてから、新しいビール樽が準備されました。
この樽に蛇口を打ち込むということです。
塚本先生が木槌で蛇口を打ち込みました。
お~っという歓声。みんなでビールをついで乾杯しました。

ファイル 12-1.jpgファイル 12-2.jpg

ファイル 12-3.jpg昼食後はバスに乗ってミュンヘンの街外れにあるニンフェンブルグ城見学に行きました。
この城はバイエルン公家の夏の離宮、ドイツ最大のバロック様式の宮殿です。
ルードビッヒⅡ世はここで生まれました。
とても広く、庭園のすばらしいお城です。

ファイル 12-4.jpgファイル 12-5.jpg

ファイル 12-6.jpgニンフェンブルグ城の見学の後、ミュンヘン市内に戻り、バスを降りて市内散策しました。
ミュンヘン市内の中心部にはからくり時計で有名な市庁舎が建っています。
このからくり時計は11時頃に動き出し、この時間になると市庁舎前のマリエンプラッツ(マリエ広場)は観光客でいっぱいになります。

ファイル 12-7.jpgからくり時計は、下から見上げると小さく見えますが、人形は等身大で、下段の職人たちは回転しながら動き、その上の騎士は内側と外側とが反対向きに進んで馬上試合をします。
負けたほうが首を垂れたり、上段の王が腕を動かしたりといった、細かい芸がそれに加わります。

ファイル 12-8.jpg18時30分市庁舎前のマリアの塔に集合し、徒歩でホフブロイ・ハウスへ向かいました。
ホフブロイハウスに向かう途中にあった日本名のお店「庄屋」。
ドイツで販売されている水はほとんど炭酸水です。
炭酸水になれないみんなは、水やお茶を買いまくっていました(笑)。
お茶はやっぱりおいしい!・・・日本人であることを実感・・・

ファイル 12-9.jpg世界最大級のビアホール「ホフブロイハウス」に到着しました。
その昔のバイエルン王国の宮廷ビール醸造所です。
ヒトラーもこのビアホールで演説を行ったという話もあり、約3,500人収容できます。
ここの特徴といったらなんといっても生演奏。
バンドによるポルカや、写真のようなアルペンホルンなど聞けます。
23時にバスでホテルへ戻りました。
明日は、ノイシュバンシュタイン城のあるシュバンガウへ向かいます。

ページ移動