記事一覧

第36回定期演奏会の開催について

2013.6.16 第36回定期演奏会は盛況のうちに終了いたしました。
御来場くださいました皆さま、ありがとうございました。


第36回定演第36回定期演奏会を開催します。


◎第36回定期演奏会
【日時】2013年6月16日(日)PM1:15開場 PM2:00開演
【場所】アクトシティ浜松大ホール
【後援】浜松市、(財)浜松市文化振興財団、静岡県吹奏楽連盟、静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社、K-MIX、FM Haro!
【客演指揮】松沼俊彦
【演奏曲目】
 ♪「アラジン」メドレー/A.メンケン
 ♪レイダース・マーチ/J.ウィリアムズ
 ♪オリエント急行/P.スパーク
 ♪歌劇「アイーダ」より
   凱旋大行進曲/G.ヴェルディ
 ♪シバの女王ベルキス/O.レスピーギ ほか

【入場料】
 S席(指定席)…1,500円(当日1,700円)
 A席(指定席)…1,200円(当日1,400円)
 自由席(一般)…1,000円(当日1,200円)
 自由席(高校生以下)…500円(当日700円)
 ※未就学のお子様は無料ですが、他のお客様の迷惑にならないようご配慮ください。

【チケットのお求めは】
 バルドン楽器 053-473-0256
 (株)ヤマハミュージック東海浜松店 053-454-2770
 WIND BACS 株式会社久米 053-433-2536
 アクトシティチケットセンター/HCFオンラインショップ(http://www.hcf.or.jp

【演奏会及びチケット予約に関するお問合せ】
 090-3856-4828
 車椅子席も用意しておりますので、お問い合わせ下さい。

チラシはこちら→ファイル 20-2.pdf
(pdf:1.39MB)

-----------------------------------------------------------
松沼俊彦
【客演指揮】松沼俊彦先生のプロフィール

神奈川県に生まれる。
5歳よりピアノを、13歳よりトロンボーンを学ぶ。 1990年、東京芸術大学器楽科トロンボーン専攻に入学。トロンボーンを伊藤清氏に師事。 1994年同大学卒業、安宅賞受賞。在学中より指揮者を志し、ウィーン音楽セミナーなどの講習会に参加、故カール・エステルライヒャー、湯浅勇治の各氏に師事。 1997年東京音楽大学指揮科に研究生として入学。指揮を紙谷一衛、広上淳一の各氏に師事。同年12月沖縄国際音楽祭に奨学金を得て参加、ファイナルコンサートに出演する。 1998年12月東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団「第8回東京国際フォーラム定期演奏会」にて正式にデビュー。また1999年には「21世紀プロジェクト」-若手指揮者シリーズ-の企画・運営にたずさわり、自らも同年7月の第2回公演に出演し、新星日本交響楽団を指揮する。 2000年よりウィーン国立音楽大学に籍を置き、L.ハーガー、E.アッチェル、湯浅勇治の各氏に師事し、またプロ・アルテ・オーケストラ・ウィーンを指揮し研鑚を積む。 2002年1月より2003年3月まで、大阪シンフォニカー交響楽団カヴァーコンダクター(副指揮者)に就任。在任中の2002年5月、小林研一郎、本名徹次など優秀な指揮者を多数輩出していることでも有名なハンガリー・ブダペスト国際指揮者コンクールにて第1位受賞。また2004年には第1回マーラー国際指揮者コンクールで第3位を受賞。 これまでに海外ではルーマニア・ブラショフ「ジョルジュ・ディマ」フィルハーモニー管弦楽団、オラディア交響楽団、エジプト・カイロ交響楽団、ハンガリー・セゲド交響楽団、マターヴ交響楽団、北ハンガリー交響楽団、ドホナーニ交響楽団、ブダペスト・フィルに客演、国内では、大阪シンフォニカー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フフィルハーモニー管弦楽団、九州交響楽団、慶應義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラなどに客演している。

(音楽事務所JAPANARTSホームページより転載)